ワインは1日2 / 3本

勉強を人一倍頑張っている(と自負している)イタリア帰りの理系大学院生が、日々の勉強・読書・お酒について綴っています

【ワイン】宮崎県のワイン! 微かな酸味とほのかな甘み Shinmoe 2017 都城ワイナリー

f:id:uno_fktr:20190412230124j:plain

原産国: 日本(宮崎県) 値段: 1,480円の30%割引で1,036円

品種: マスカットベリーA、カベルネソーヴィニヨン=山葡萄交配種、ピノノワール

アルコール度数: 12%

ワインのレビューも再開します! 新居の机は白いので、写真が大変撮りやすい。笑

 

日本のワインを買ったのは初めてです。

ワイン何買おうかなー、とスーパーをぶらぶらしていたところ、ワゴンの中で眠っているのを発見、救出!

30%引きだったので、迷わずかごに突っ込みました。

 

こちらのワインは宮崎県の都城(みやこのじょう)にあるワイナリーさんで作られたものです。

九州には意外とワイナリーが点在しています。

年に2度、北九州と福岡市で行われる九州ワインフェスタという、九州で作られたワインがとんでもない量飲めるイベントがあるんですが、そちらで何度か試飲いたしました。

 

f:id:uno_fktr:20190412230151j:plain

裏面にもあるように、マスカットベリーAを使うことで、甘味を持たせているようですが......。

 

f:id:uno_fktr:20190412230204j:plainは鮮やかな紫色。濃さは中くらいでしょうか。ワインを通して向こう側がぎりぎり見えるくらいです。

香りはブルーベリーのような。鼻につんとくる感じは一切なく、優しく香ります。砂糖を溶かしたような甘い香りもほんのりと感じます。

は酸味がまず感じられます。あれ、甘くないやん、と一瞬思うんですが、後からじんわりと甘さが。タンニンは滑らかで飲みやすいです。アルコールの強さはあまりなく、鼻に空気を通してもつんとくることはありません。

マスカットベリーAの甘さと果実味、(ホームページによると山葡萄に由来する)酸味が最も感じられ、その陰にピノノワールの味も感じられます。

後味は甘さが強め。口内には飴を舐めたようなちょっと重たい甘さが残ります。

 

美味しいんですが、今まで飲んできたイタリアやアメリカのワインとは全く違う美味しさで、人によっては好き嫌いが分かれそうだな、とも思いました。

言い換えると、他国のワインと異なる味が楽しめるので、「日本のワインを味わってみたい!」という方は、ぜひ一度飲んでみてください。