ワインは1日2 / 3本

勉強を人一倍頑張っている(と自負している)イタリア帰りの理系大学院生が、日々の勉強・読書・お酒について綴っています

Però sono già passate due settimane

  f:id:uno_fktr:20190212045652j:plain

どうもです。りゅうです。ベルギービール(右端)美味しいです。

シャワーが直りました。

大家さんと喧嘩したら、直りました。

イタリア語で言い争ったのは初めてですね。笑

 

今日でシャワー壊れてからちょうど2週間だったので、

もう我慢ならん、と家賃を払うついでに管理室へ。

部屋に入ると、何事も起こってないかのように笑顔で迎えられます。

「おぉ、そうくるか」と真顔で考えながら、ほとんど何も喋らずに、

お金だけ置いてさっさと部屋を出ました。

明らかに僕の様子がおかしいので、大家さんも慌てて部屋から出てきました。

まあ、そりゃそうだろうな。笑

 

「何かあったの?」と聞く大家さんに、「え、何も知らないの?」と返し、口論スタート。

「シャワーがずっと壊れてるんだけど」

「ええ、知ってるわ」(そりゃ知ってるやろなあ)

「はぁ......直らないの?」

「そう言われてもねえ」と大家さんもなかなか強い。どうして強いんだ。笑

「一体、誰が壊したの?」

「いや、知らんわ......」と言う僕に、

「シャワーって勝手に壊れないよね、誰かが壊さなきゃ」と大家さんが迫る。

 

いや知らんわあああああ!笑

そりゃそうですけど、誰が壊したか分かったところで、シャワー直るわけないでしょう。笑

大家さんに写真を送って、シャワーの故障を報告したのは僕ですが、別に誰が壊したか確かめてもないし......笑

「ちゃんと説明しないと」と言われましたが、知らないもんは知らないし、

じゃあ壊した奴が報告しろよ......と胸の内で思いながら、「知らないです」と繰り返しました。

大家さんの表情も段々呆れたようなものに。なかなかピリついた空気が漂います。

 

「あなたエンジニアよね?」と大家さん。

「エンジニアなら分かると思うけれど、シャワーのチューブって交換するのにすんごく時間が掛かるの。チューブを引っこ抜いて取り換えて(中略)だから、そんな急に直らないの」

 

そりゃ分かってますし、まあ壊した僕らが悪いんでしょうけれど......

......いや、悪いのか?

年末の工事が欠陥工事だったんじゃないのかい?笑

 

我慢できずに、

Però sono già passate due settimane」(けど、もう2週間も経ってるじゃないか)

と小さく漏らしました。これには大家さんもひるんで、一瞬、沈黙が生まれます。

 

「けどねえ」と再び言い始める大家さん。

「交換するのに5時間はかかると思うから、時間もなかなかないし......」

「はぁ......Quando?(じゃあ、いつ?)」

僕の言葉に、はぁ、と呆れたように明後日の方を向いて、大家さんが目を逸らしました。

 

そこで頭に血がのぼった僕は、もうこれ以上話せんわ、と(大人げないけれど)、その場を離れました。

「りゅう」と後ろから名前を呼ばれましたが、

「Lasciami stare(ほっといて)」と振り返らずに言い捨て、どんどん歩いていきました。

「Cosa!?(何!?)」と大家さんの声が僕の背中に突き刺さります。

発音悪かったのかな。今まで「ほっといて」なんて言ったことなかったし。笑

 

で、ぷんぷん怒ったまま、スーパーに行き、ビールを7本爆買いして、怒りを鎮めようと部屋でゴクゴク(と言っても、1本しか飲んでませんよ)。

すると、部屋の外から同居人の1人と大家さんの声が。家にやってきたみたい。

しばらくキッチンで会話をしていましたが、やがて2人で洗面所に入っていきました。

何も聞こえなくなったかと思いきや、ものの数分で出てくる音が。

そして、大家さんが僕の部屋のドアをノックしました。

出たくねぇ~~、と思いつつ、部屋から顔を出すと、大家さんとばっちり目が合いました。そして彼女が言います。

 

It's done.

 

はい?

 

It's done. (終わったよ)

「2分で終わったわ」とドヤ顔で報告してくれました。

ほうほう......

 

あまりにあっけない。

いや、直るやん。2分で。

呆れたのと同時に怒りを覚え、何も言えずにいると、

まだ洗面所に残っていた同居人が、大家さんに向かって大声で言いました。

(りゅうと話すなら)英語よりもイタリア語の方がいいよ

 

あー......僕が黙ってたから、英語分かんないと思ったのね。

......英語、喋れるわ。

 

机に座り直し、パソコンの画面を見直しましたが、どうにもムカムカが収まらず、しばらく両肘をついて、頭を抱えていました。

 

ああイタリア、ああイタリア。

 

今日、仕事帰りのバスが故障で動かなくなるというなかなかのエピソードもあったんですが、それもぶっ飛ぶくらいのやり取りでしたね。笑

皆さんもお気を付けくださーい。