真面目に生きるのも楽しいよ

イタリア帰りの理系大学院生が、真面目でいることを自己肯定するために、勉強・大学の研究室・英語などなどについて綴ります

Barbaresco DOCG Albesani 2013 - Franco Rocca

f:id:uno_fktr:20181216194059j:plain

Barbaresco DOCG Albesani 2013 - Franco Rocca

容量: 750ml  アルコール度数: 14%  値段: 28€(3560円くらい)

品種: ネッビオーロ Nebbiolo

断言します。今年飲んだワインの中で一番美味しいです。

 

昨日、Cuneoのエノテカで購入したこちらのバスバレスコ Barvaresco

ピエモンテ州の誇るDOCG、バスバレスコは、ワインの王様「バローロ」と並べてよく称される高貴なワインです。

同じネッビオーロから作られるワインでありながら、バローロはその力強さ、バルバレスコは繊細さがそれぞれ際立っている、とよく言われます。

 

バローロ、バスバレスコは自分で買うもんじゃないな、店で飲もう、と決めていたんですが、その変なしきたりを破り、笑 ついに自分で買いました。

 

こちらのワイン、小さな生産所で作っているらしく、ボトルの数も限られている、とエノテカの方が仰っていました。ネットで調べてみると、ん、瓶詰されたのは5,000本ちょっと......?

背筋がぴんと伸びますね、大変なものを買ってしまった。笑

 

f:id:uno_fktr:20181216194126j:plain

はまさにネッビオーロというか、ガーネットの色味が強く表れています。

少しこげ茶色も含んでいて、その深みが感じられます。

グラスを鼻に近づけてみると......あまりの香りに声が漏れました。

まさに高貴、嫌らしいほど果実の香りに溢れているわけでもなく、ナッツを軽く燻して放置したような深い香りがします。

はもう......表現が難しすぎる。笑 

繊細と言われてはいますが、決して軽くはなく。力強いというより、重厚。

さらさらと残らず、やや口の中に残る感触もたまりません。

後味は静かにじっくりと長く続いていく感じです。口の中になくても、美味しいと感じます。

 

美味しい......

飲むのが勿体ない、と思い、もうストッパーをつけちゃいました。笑

普段なら、ええい、のめのめー、なんですが。 恐れ多すぎる......笑

 

こうしたバルバレスコバローロも、今しか買えないんだな、と思うと本当に悲しいです。笑 今のうちにたくさん飲もう......