真面目に生きるのも楽しいよ

イタリア帰りの理系大学院生が、真面目でいることを自己肯定するために、勉強・大学の研究室・英語などなどについて綴ります

Lamùri Nero d'aAvola Sicilia DOC 2016 - TENUTA REFALEALI

f:id:uno_fktr:20181202190419j:plain

Lamùri Nero d'aAvola Sicilia DOC 2016 - TENUTA REFALEALI

容量: 750ml  アルコール度数: 13.5%  値段: 11.90€(1530円くらい)

品種: ネーロ ダヴォラ Nero d'Avola

 

 

日曜日は天国ですね~。ゆったりワインを飲んだり、買い物ついでに外を歩いたりすると気分が晴れてスッキリします。

今日はシチリア Siciliaのワインを飲んでいます。南部イタリアのワインも結構好きで、プーリア Pugliaとか、カラブリア Calabriaのワインもちょくちょく買います。値段もあまり高くなく、美味しいワインが多いので......お世話になっています!!

 

ネーロ ダヴォラは南部シチリアシチリア州の黒ブドウで、公式名はCalabreseと言うそうです(今知った......笑)。

 

f:id:uno_fktr:20181202191946j:plain

いやー、どう撮っても赤く映る。笑 全部のワインが同じように見えちゃいますよね。

ネットで調べたり変な撮り方したりしたんですが、カメラの限界なんでしょうか。笑

 

色はですね、実はこうみえて、笑 赤っぽさはあまりなく、鮮やかな紫色をしています。

 

香りはシナモンを振ったチェリーのようです。

割と強めな香りで、グラスにワインを注いでいる間も鼻の中に飛び込んできます。華やか~~

グラスを傾けてみても、あまり粘度がないためさらさらと流れていきます。

 

味は色の鮮やかさによらず、なかなか重めで、「ワイン飲んでいるなあ~!」とまず感じられます。笑 なんじゃこれ笑

香りと味が一致しているというか、そのまんまチェリーの味わいが強いかなあ、と。

鼻に息を通してみると、軽いシナモンの香りとチェリーの香りがいっぱいに広がります。

後味は長く続くので、一杯でも十分満足できるものかと思います。

やっぱり美味しいです。笑

 

以前までNero d'Avolaは他の品種とブレンドされていたそうですが、このワインのようにNero d'Avolaだけで作られるものも増えてきたそうです。

日本でも何本か見かけたような気がします。お見かけの際は是非お手に取ってみてください。