ワインは1日2 / 3本

勉強を人一倍頑張っている(と自負している)イタリア帰りの理系大学院生が、日々の勉強・読書・お酒について綴っています

日本

言語はただのコミュニケーションツール?

先月、東京で帰国報告会なるものがありました。 Vulcanus in Europeというプログラムを通して、ヨーロッパで一年間研修を受けたメンバーが、一人ひとりプレゼンを行いました。

ただいまと今後の方針

あざすあざす。 YouTuberさんの動画ばかり観ていたので、日本語が怪しくなってきたりゅうです。

笑いになるいじりなら問題ないという風潮について -日本を離れて思ったこと 2-

僕は自意識が少し過剰にあります。 時期によっても少し変わるんですけれど。 高校生の頃は太っていたし、大学一年生の頃は坊主でしたし。笑 気にしない時期は気にしませんが、気になるときは凄く気にしてしまう。辛い。で、最近は気にする時期にいます。笑

周りの目がどうでも良くなった -日本を離れて思ったこと 1-

こんばんは、おはようございます、こんにちは。 日本に帰る日が近付いてきました。3月23日に飛行機に乗って、時差やらなんやかんやあって、24日の午前に東京に着きます。 酒に酔って忘れる前に、笑 備忘録がてら、この一年で感じたことをぼちぼち書いていき…

漫才の時事ネタから殺るか殺られるか問題まで

意外と言われることが多いんですが、いや、そんなん知らんがな、でしょうが、実は大のお笑い好きです。

国民性の違いって難しい、というか、あるのか

どうもどうもです。2月も終わろうとしていますね。 今年のトリノの冬は暖かいようで、昼間はコートもいらないほどぽかぽかとした日々が続いています。

日本のメディアは本当にレベルが低いと思うんだけれど

たまによく分からないネット記事に出会う。

言いたいことを言う前に

ご無沙汰してます。今日はちょっと真面目な話を。

ブラック研究室って中2病っぽくてカッコいいですよね

今日はある記事を読んでふっと笑い、そういえば、と僕の所属していた研究室のことを考えていました。

1月18日

生活の変化 夜中に目が覚める ビスケット2枚分の頭 生活の変化 年を越してから、酒量が明らかに減った。 今までの僕にとり「ワインは1日2/3本」というタイトルは大嘘で、 ブログを開く度、「実際もっと飲んでるけどなあ......」と後ろめたさが常につきまとっ…

典型的な日本人って誰だ?

僕は今、上司とかなり離れたところで毎日パソコンをカタカタしているんですが、 (多分、こんな不思議な環境で研修を受けているのも僕だけなのかな) たまに上司に進捗報告がてら顔を合わせる度、彼は僕にこう尋ねます。

メタルはださいのか!? J-POP批判とJ-POP×メタル

メタル脳 天才は残酷な音楽を好む 作者: 中野信子 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2019/01/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る フゥゥゥゥゥである。 発売はまだ先だし、中野さんのファンかと問われれば「数冊読んだけど......まあ」という…

奇妙な自己責任論と日本

また少し重たい話になりますが、以前から気になっていたことを、今日改めて考える機会がありましたので、忘れないように......。

時間が経つのを

姫野カオルコさんの著書に「昭和の犬」という作品があります。 それを思い出した一日でした。

-イタリア人と日本人- 店員さんの対応は気分次第?

毎週土曜日、トリノ市内までワインを買いに行くんですが、まあこの前の土曜日の店員さんの対応は「日本と違うなあ~~」としみじみ感じました。

富士山麓とウイスキーブームと日本人

また悲報だ。キリンの富士山麓が来年の三月をもって販売終了となるらしい。 何度も買ったし、ちゃんと特製グラスも持っている。あのアルコール度数の高い味わいがたまらなかった。 このウイスキーブームを考えると仕方がないとも思うが、このブームに乗っか…

悩んだあげく日産

インターンを終えて、微妙な満足感を覚えながらバスに乗った。 今日は5分遅れでやってきて、「おお、早い! ラッキー」と乗車。 タブレットで小説を読んでいると、あっという間にバスは僕の停留所の一つ前までやってきていた。僕は、日本のバスにもある「チ…

イタリア人に対して、日本人の抱くイメージ

イタリア人に対して、日本人の抱くイメージと言えば、 明るい 陽気 すぐに女性を口説く 酒飲み 美食家 顔立ちが良い こういったものではないだろうか。 当たっているものも勿論ある。しかしそうでもない、と僕は言いたい。 まず初めに、酒飲みというか、いつ…